日本語/English

井口雄介のホームページへようこそ

    私は、2018年3 月に東京大学大学院総合文化研究科より博士号(学術)を取得しました。博士課程在学中は、小野瀬研究室(現在は東北大学金属材料研究所所属)にて実験物性物理に関する研究、特に空間反転対称性の破れた磁性体中のマイクロ波の非相反性について研究していました。2018年4月から、スタンフォード大学応用物理学科のMolerグループに博士研究員として所属し、2020年7月からGLAM(Geballe Laboratory for Advanced Materials)所属の上級研究員として研究を行っています。現在は主に重い電子系や鉄系などの非従来型超伝導について、走査型SQUID顕微鏡を用いて研究を行なっています。


最近の記事

東工大大岡山キャンパスで行われた日本物理学会2022年秋季大会にてウランテルル超伝導の局所超伝導状態と局所磁性を観測した研究成果について口頭発表しました。

東北大学金属材料研究所の小野瀬研と工学研究科の松枝研でそれぞれ研究紹介のセミナーをしました。また、小野瀬研、強磁場センター、塚崎研の研究室ツアーをして頂きました。

第29回低温物理学国際会議にて、カイラル超伝導候補物質UTe2のエッジ付近の局所磁場測定の研究について口頭発表する機会がありました。また、Cuprates &Nickelatsセッションの議長を務める機会を頂きました。

連絡先

井口 雄介

Senior Research Scientist
Geballe Laboratory for Advanced Materials at Stanford University


Founder & Organizer
Japanese Academic Seminars at Stanford (JASS)

Co-Founder
Girls Who Code in Japanese

yiguchi(at)stanford.edu

過去の記事はこちらです。

(C) 2018 YIguchi-condmat
Powered by Webnode
無料でホームページを作成しよう!